チャットガール応援サイト

ライブチャットの仕組み

ライブチャットとは?

ライブチャットは、サイト内で映像と音声や文字でチャットガール(女性)と会員(主に男性)の交流の場です。インターネット上のスナック・ガールズバー・キャバクラといったところでしょう。

サイトと種類としては、通常のノンアダルトとHな要素のあるアダルトがあります。日本国内のアダルトは、両方の要素があるMIX(ミックス)になります。海外系アダルトは内容が濃いものもあります。※当サイトでは海外系アダルトは紹介していません。

女性側

ライブチャットのサイトに登録して、好きな時間にログインします。女性側はパソコンの前で待機して、会員がログインしてくるのを待ちます。会員とチャットした時間(分)により、ポイントが発生します。金額に直すと1分40円~60円位(ノンアダルト)です。

女性側は、ライブカメラは必須でマイクは任意です。会員側はカメラやマイクを設置しているとは限りません。好きな時間に出来て、自宅で高収入が得られるので、色んな方が副業として登録しています。ちょっとした個人事業者でもあります。

会員(男性)側

サイトに登録してポイントを購入し、女性にログインした分刻みの時間でポイントを消費します。金額に直すと1分80円~100円位(ノンアダルト)です。画面で女性の姿を見ながら、文字や音声で会話する事が出来ます。ノンアダルトでは女性とお話しするがメインです。

アダルトでは、パフォーマーのHな事を女性に要求して楽しむ人が多いです。アダルトの料金は高めです。会員側はマイクやカメラは自由で、顔の見えないネットの世界で大暴れ(?)する人もいます。

サイト側

ライブチャットを運営している会社は、会員さんからポイントを購入してもらい、女性パフォーマー(チャットガール)にポイントをお給料として支払います。

サイトを活性化するために、ネット上などに広告を出して会員を獲得することに力を入れています。女性パフォーマーも常に募集を行っています。サイト側は飽きられないように盛り上げていきたいため、様々なイベントを頻繁に行っています。

運営会社は大阪に多いです。風俗系の発祥は大阪であることが多いからかも知れません。もちろん東京にもあります。東京は通勤者を希望している場合もあります。又、大きい都市には通勤可能なチャット部屋があります。

最近の流れ

現在のライブチャットを運営しているのは、老舗サイトが多いです。小さい規模のサイトは男女とも会員が集まりにいので閉鎖されていく傾向にあります。ここ数年は、アダルト(MIX)系の中小サイトが何箇所か閉鎖しました。ノンアダルト系の閉鎖は少ないです。

新しくライブチャットがオープンすることは滅多になく、現在の会員の多いサイトは潤っていると思います。大きなサイトはいきなり潰れることは考えにくいです。