> ライブチャットが流行る理由 | チャットガール応援サイト
チャットガール応援サイト

ライブチャットが流行る理由

男性側

パソコン性能の向上や回線の高速化、ライブカメラの性能も向上し、年々ライブチャットが快適に出来る環境が整ってきています。現在ライブチャットを運営している会社も多くあり、会員数も多く集めています。

サイトでは、昼過ぎから夜中まで沢山のチャットガールでにぎわっていて、約半分くらいが2SHOT(会員とチャット)の状態です。

お手頃な料金

男性側の料金は、ノンアダルトであればそれほど高くないです。街中のキャバクラに入ると、60分で6,000円~10,000円以上するのに対して、チャット60分で5,000円くらい(130ポイント=10,800円計算)です。サイト内のポイントサービスを上手に使えばもう少しお手頃になります。

マイクとカメラを使用すると、お相手と実際に会って会話しているのと同じ状態です。それに、待機している子の中から好みの子や興味のある子を選ぶことも出来るので、とても気軽に利用できます。

気軽に会話できる

私がそうだったのですが、毎日仕事をしていると家と会社を往復する日々になります。毎日の行動が同じになると生活が固まり、決まった人としか話さなくなってきます。そうなると、人として新鮮な感情がなくなってきます。

外へ出なくなるとお金も使わなくなるので、お金はあるが退屈な状態になり、女性と接したいという気持ちが膨らみます。遊びに行くのが面倒に思うと、ライブチャットは気軽ですね。家に居ながら女性と会話できるのですから。気がつけばライブチャットを利用することが日課になり常連となる人が多いです。

恋愛へのステップアップ

実生活で女性と話す機会が少ない人が、いざ恋愛の機会に恵まれたとしても、それを活かせるとは限りません。女性との接点が少なくなれば、楽しく会話することも難しくなるからです。

サイトを通じてチャットガールと人間関係や擬似的な恋愛をする事で、女性のことが分ってくるし女性慣れできます。これが実生活での恋愛に活かされ、恋人が出来るまでのあいだ、ライブチャットを役立てるケースがあります。

女性側

現在、日本全国で数万人ほどのチャットガールがいます。何故、人気のある職業(アルバイト)なのでしょうか。

在宅で稼げる

外で働きたくてもいい仕事が見つからない期間があったり、北海道や沖縄のように仕事自体が少ない地域の方もいます。在宅で出来るアルバイトといえば、特別な専門技術が必要か、内職なら賃金が極端に安い(丸1日作業して1,000円等)ことが多いです。

チャットガールの仕事は、在宅で出来て一般的な仕事(アルバイト)以上に稼げる事が多いです。それに、ほぼ誰にでも出来て、時間や期間にも縛られない自由な仕事です。本業でも副業でも働いている女性は多くいます。

手軽に出来る

通常、どこかで仕事(アルバイト)しようとすると、求人情報を見て応募→履歴書を書いて→面接に行って→採用される必要があります。さらに、その会社(店)のやり方を学んでいく必要があります。

ライブチャットは、その手間が少ないです。一応、面接はありますが、断然手軽にできます。面接に不合格でも時間や労力の損失は少なくて済みます。

需要と供給

ライブチャットには、男性会員が多くなるに比例して女性パフォーマーも稼げるようになります。女性パフォーマーがいるから男性会員が多くなるとも言えます。

現在もライブチャットを利用する男性が多いですから、需要と供給な成り立つので女性は稼げるようになります。